レビトラジェネリックランキング

EDの症状と原因

EDとは「Erectile Dysfunction」の略で、「勃起機能の低下」という意味です。
日本では勃起障害、勃起不全などといわれますが具体的な症状はどのようなものでしょうか?

EDの症状

EDときくと完全な勃起不全を想像しますが、「性行為をするにあたって満足がいく勃起ができない、または勃起を維持できず性行為を満足に行うことができない状態」が定義となっています。
勃起できない、すぐに萎えてしまう、勃起したものの射精まで続かないなどがあり、マスタべーションの場合はうまくいくけれど性行為の時だけ症状が現れる場合もあります。

EDの原因

勃起は性的刺激を脳が感じ取り、その刺激が脊髄神経を通って陰茎へと伝わります。
陰茎の海綿体という部分に刺激が届くと一酸化窒素が体内で発生し、血管を緩めます。
さらに海綿体の平滑筋がゆるみ血液を大量に受け入れる準備をします。
そして血液が一気に流れ込むことで圧力がかかり海綿体が硬くなります。これが勃起の原理です。

また勃起に欠かせないのが「cGMP」という血管を広げる物質で、一酸化窒素とともに増加しますが、
海綿体にはこれを分解する「PDE5(ホスホジエステラーゼ5)」という酵素が存在し、勃起を阻害します。性行為後や性的興奮が収まると勃起が終わるのは、PDE5の効果でもあります。
しかし性行為の際にPDE5が多いと勃起が阻害されてEDとなります。

このように一見勃起は単純に見えて案外複雑です。

ではなぜ、この動作が正常に行えなくなるのでしょうか?
EDの原因は大きく3つに分けられています。

心因性ED

肉体的には何も問題がなく、正常であるのにもかかわらずにおこるEDです。
うつ病や統合失調症などの精神疾患、精神的ストレスや幼少期の性的トラウマなどによって起こります。
仕事でのストレスや、男性器へのコンプレックス、性行為への不安・緊張、性病への恐怖、疲労、など様々な原因があります。
性行為とは関係ない内容でも、常日頃ストレスを感じていると、脳が性的刺激を受け取りづらくなってしまいます。

器質性ED

肉体的に勃起を阻害する何らか原因があるEDです。
原因は様々で、加齢や生活習慣病などによる動脈硬化、前立線の手術などで陰茎付近の神経や血管を損傷したなど、血流が妨げられることによって起こるもの、事故などで脳から陰茎まで伝達する神経の損傷によるもの、加齢や飲酒、喫煙による男性ホルモンの低下によるものが考えられます。
このように加齢はEDと大きく結びついているのが分かります。

薬剤性ED

普段常用している薬の副作用によって起こるEDです。
精神安定剤や睡眠薬、降圧剤や血管拡張剤などを服用している場合は神経や血管に対して作用するのでEDとなる可能性があります。
これらのEDすべてにおいてED治療薬が有効であるとされています。

レビトラまとめについて

レビトラ(ED治療薬)について詳しく説明しています。
服用方法、副作用はもちろんおすすめジェネリックをランキングでご紹介!
EDの基礎知識も記載しているのでぜひ見てください。