レビトラジェネリックランキング

レビトラの副作用

レビトラはED治療薬で先駆けであるバイアグラよりも副作用は抑えられていますが
人によっては副作用が現れる場合があります。
ジェネリックも同様です。
服用の前にきちんと知っておきましょう。

服用後の副作用は?

主に現れるのが顔の火照りと目の充血です。
これは服用したひとには多くみられる症状で有効成分のバルデナフィルの血管拡張作用によるものです。
薬が吸収され、効果が出始めている証拠とも言えます。
他には動悸、頭痛、鼻づまりなど風邪のような症状が現れることがあります。
これも同様に血管拡張作用によるものですが、どうしても性行為に集中できない頭痛の場合は市販の頭痛薬などを併用することもできます。

基本的に薬の作用が切れればおさまりますが、症状が長時間続くようでしたら医師にご相談ください。

レビトラを服用できない人

レビトラには併用禁忌薬や服用にあたって条件があります。
下記に当てはまる人は服用することが出来ません。

・硝酸剤(ニトログリセリンなど)を服用している人
⇒飲み薬以外にも張り薬や塗り薬、スプレーなども併用できません。
・レビトラの成分にアレルギー反応を起こしたことがある人
・持病により性行為を医師から制限されている人
・不整脈を持っている、もしくは治療中の人。
・肝障害を持っている人
・低血圧、高血圧の方。
・狭心症などの心臓疾患を持っている方。
・HIV治療薬や抗真菌薬を服用している人
・女性、未成年
⇒女性と未成年への薬の安全性が確保されていないため。

併用禁忌薬は上記以外にも多数ありますので
服用している薬がある人は必ず医師に相談しましょう。

グレープフルーツには要注意?

果物のグレープフルーツが併用しないようにと注意喚起されています。
実はグレープフルーツ(ジュース)を食べたあとでレビトラを服用するのは非常に危険です。
グレープフルーツの中にはフラノクマリン酸という成分が含まれていてCYP3A4という薬物代謝酵素を阻害してしまいます。
それによって血中での薬の濃度がたかまり、薬の効果を強めるばかりか副作用まで強めてしまいます。
また体内に薬の成分が残りやすくなるので注意が必要です。

グレープフルーツを食べた後から4日ほどこの状態が続くので不安な場合は3日ほどあけてからレビトラを服用しましょう。

レビトラまとめについて

レビトラ(ED治療薬)について詳しく説明しています。
服用方法、副作用はもちろんおすすめジェネリックをランキングでご紹介!
EDの基礎知識も記載しているのでぜひ見てください。