レビトラジェネリックランキング

レビトラの便利な購入方法

レビトラを購入するには医者に行って処方してもらうか、個人輸入代行サイトで購入する2つの方法があります。
残念ながら、薬局やドラッグストアで購入することはできません。
医者に行って処方してもらう場合はED治療薬は保険適用が効かないので全額自費負担となり、高額となります。
薬代も独自の価格で販売していて1錠1500円ほどと経済的に負担が大きいのが現状です。
個人輸入代行サイトの場合は、日本では取り扱われていないレビトラのジェネリック医薬品を購入することができます。
ジェネリック医薬品は1錠200円ほどでの販売もされてるので格安なのが分かります。

それっていろいろと大丈夫なの?

日本の薬事法では海外の医薬品を個人的に使用する場合は薬によってきめられた制限数を超えなければ輸入しても良いことになっています。
しかし自分で海外の医薬品を輸入するとなると、言葉の壁、決済方法など極めて困難です。
そこで代わりに面倒な手続きをすべて変わりに行い、商品を届けてくれるのが個人輸入代行です。
最近ではレビトラを輸入する人も増えていて、通院の手間などが掛からず安く手に入ると人気があります。

海外医薬品に抵抗がある人もいるかもしれませんが、海外ではポピュラーな薬であったり、薬の成分が同じジェネリックなので、特に違いはありません。
海外の人が使える薬を日本人だけ使えないというのはあり得ません。

個人輸入のメリット

・通院のお金・手間がかからない。
・薬を安く購入できる。
・いろいろな種類の薬を試すことができる。
・サイトによっては割引やポイントがつく。
・人に知られずに購入できる。

EDなどのデリケートな症状の場合は医師との診察ですら苦痛に感じる人は少なくありません。
また経済負担も減らしてくれるので個人輸入は便利といえます。

※個人輸入の際の注意※

自分での使用に限った購入なので、他人に譲渡したり、転売してはいけません。
またきめられた用量・用法を必ず守ってください。

個人輸入代行サイトも最近では急増していますが中には偽物を販売していたり、商品が届かないといったトラブルも発生しています。
しっかりとしたサイトを見極めるために、口コミをチェックしたり、連絡がちゃんととれるかなどの確認をすることが大事です。

レビトラまとめについて

レビトラ(ED治療薬)について詳しく説明しています。
服用方法、副作用はもちろんおすすめジェネリックをランキングでご紹介!
EDの基礎知識も記載しているのでぜひ見てください。