レビトラジェネリックランキング

インドのジェネリック

個人輸入サイトで扱われるジェネリックのうちのほとんどがインドの製薬会社のものとなっています。
ぶっちゃけインド製といわれると不安を覚える人もいるかもしれませんが実はインドだけでジェネリックが作れる理由があります。

インドのジェネリックが多い理由

日本や欧米で作ることができないジェネリックが何でインドで作れるの?
その理由は特許制度の違いにあります。
特許制度とは国独自の法律で新しいものを発明した人に対し発明したものを独占できる権利を与えるというものです。
日本や欧米での医薬品に対する特許では、製造方法と含有成分を認めていて最大25年間の特許が認められます。
この特許期間は、製薬会社が新薬の開発のために、動物実験や、人体への安全確認のための長期の臨床実験で必要とした多額の費用を薬を販売して回収するために設けられています。
しかしインドでは製造方法しか特許として認められていないため成分が同じでも製造方法を変えることで医薬品を作ることができます。
そのため他国の医薬品の製造方法を変えてジェネリック医薬品として販売することができるのです。
開発コストがかからずその分安価で購入できるので発展途上国で多く利用されています。

インドのジェネリックは安全

インドのジェネリックは他国で長年にわたって開発されてきた先発薬と同じ成分で作られています。
そのためジェネリックで安価だからと言って危険があるわけではなく効果・効能は同様なのです。
インドは人口が世界で2番目に多く新薬を利用したくてもお金がなく利用できないという人も少なくありません。
そのために政府が救済措置として含有成分の特許のみにして、インド国内で製造できるようにしました。
要するにインドの人は日常的にジェネリック医薬品を利用していて何の問題も起きていないということです。

レビトラのジェネリックも多数。

インドではレビトラのジェネリックもたくさん作られています。
有名なものでは、バリフジェビトラなど。
実はレビトラの特許期間は切れていないためインド以外ではジェネリックは作ることが出来ません。
レビトラジェネリックを手に入れるにはむしろインド製しかあり得ないのです。

レビトラまとめについて

レビトラ(ED治療薬)について詳しく説明しています。
服用方法、副作用はもちろんおすすめジェネリックをランキングでご紹介!
EDの基礎知識も記載しているのでぜひ見てください。